寺院・お寺の百龍堂

一周忌

一周忌

一周忌 画像

故人が亡くなった後に行う法要は、初七日(しょなぬか)、ニ七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)というように、亡くなった日から数えて7日毎に100日までに法要を行います。100日以降から1年目になる際に、“年忌法要”と呼ばれる命日に行う供養があります。この供養によって、辛い悲しみも、故人との思い出を大切にする供養と共に癒されていきます。今回は、故人が亡くなって1年目の「一周忌」について詳しくまとめました。

一周忌とは

一周忌とは故人が亡くなってから、ちょうど1年後の命日に行われる法要です。この1年後の命日は(「祥月命日(しょうつきめいにち)」と呼ばれています。この日には、親族を始めとする故人の友人や知人、お世話になった方などを招いて法要が行われます。

会場選び
一周忌の会場はお寺だったり、葬儀場や葬儀会社が保有しているホール、自宅や公民館、市民会館などを利用可能です。

スケジュール決定
集まってくれる方のスケジュールを考えると、土日などに行われることが多いです。但し、会場やシーズンによっては混雑していて利用できないことがあるので、前倒しや後ろ倒しで行ったり、平日に行われる場合もあります。

お寺へスケジュール確認
お寺が会場の場合は良いですが、それ以外の場所でのお寺であれば、お坊さんのスケジュールもありますので早めの確認が必要です。

一周忌 のし袋

一周忌ののし袋は、僧侶に渡す「お車代」、「御膳料」で使用します。いわゆるお金を入れる袋のことです。

お車代※のし袋を使用
僧侶に移動してもらったお車代として、費用を支払います。のし袋の表には、「お車代」と黒い墨で記載します。5,000円~10,000円くらいの金額を支払います。

お膳料※のし袋を使用
僧侶が会食がされない場合は、「御膳料」をお支払いします。のし袋に「御膳料」と黒い墨で記載して、5,000円~20,000円くらいの金額を支払います。

一周忌 お供え

一周忌の法要では、故人へのお供えをする場合は、生花や果物、お菓子などを用意が必要です。ご遺族だけでなく、参列いただく人からいただく場合もあります。

一周忌 お布施

お礼・御布施※お布施はのし袋でなく白い封筒を使用します。
僧侶に一周忌の法要のお礼やお布施は、読経をしていただいた古都に対してのご供養代として支払います。白封筒の表には、縦書きで「御布施」や「御経料」という文字と、「◯◯家」と供養してもらった家の姓か、氏名を真っ黒い墨で書きます。お経料の金額相場は30,000円くらい~ですが、気持ちなので特に金額は決まっていません。

一周忌 服装

一周忌の法要でも、ご遺族や親族は喪服を着用しましょう。参列される方は、略式喪服や喪服を着用して参列しましょう。

案内状作成

故人の一周忌をお知らせする“案内状”の作成を行います。特にご友人や知人、会社関係で法要を行う場合は案内状の作成と送付は必須です。出欠の確認が必要なので、返信してもらえるハガキを用意しましょう。

案内状礼


拝啓 季節の挨拶文 ※例:残暑がまだまだ厳しい季節ですが ますますご清栄のことと存じます
◯◯(故人の名前や、母・父・戒名など)が亡くなって はや一年が経とうとしています
つきましては 左記日程におきまして法要を営むことになりました
御多忙中誠に恐縮ではございますが ご参会賜りますようご案内申し上げます  敬具

日時 平成◯◯年◯月◯日(◯曜日) 午後◯時より
場所 ◯◯葬儀場 住所 電話番号
法要後 粗宴をご用意しております

平成◯◯年◯月
送付者の 住所 電話番号 名前

お手数ですが◯月◯日までにご返信をいただきご都合をお知らせください

案内礼状はこのような文章を、黒字で往復ハガキなどに記載して送りましょう。文章のポイントは、「季節の挨拶」「誰の法要を行うのか」「法要の期日と場所」を必ず入れることです。また、句読点などは不要ですので、使用せずに作成しましょう。案内礼状を作る際に、あらかじめ文章が作られている、サンプルのテンプレートなどを使用するのもおすすめです。

料理と会場の予約

法要後に僧侶や参列してくれた皆さんと一緒に、故人のことを語りながら食事をする習慣があります。これは“お斎(おとき)”と言われます。お斎は、参列してくれた皆さんへのお礼の気持ちも込められています。

事前に参加人数の把握と、お寺さんや葬儀場などの会場で行えない場合は、別の場所の手配が必要です。お料理は会場によってですが、専門の仕出し屋さんなどに依頼するか、料理店で用意を依頼しましょう。法要のお料理を依頼する際は、法事で利用する旨を伝えれば、法要で必要な料理を用意してくれます。気を付けたいのは、おめでたい席で使用する鯛や伊勢海老などが出てこないように、きちんと法事利用の旨を伝えることです。

引き出物選び

参列者に対しての“香典返し”やお礼の意味で、法要の引き出物の用意が必要です。引き出物の予算相場は2,000円~10,000円程度が一般的で、持ち帰るので重たくないタオルやカタログギフトなど、持つのに重たくなくて実用的な物を選ばれることが多いです。引き出物の“のし”は、黒字で「志」などと書かれたものを使用し、水引には銀か白黒の結び切りを使用しましょう。

まとめ

故人の一周忌の法要には、会場の準備から僧侶の手配、案内状、お斎の用意、引き出物の用意などがあります。あらためて故人のことを偲んでいただく機会として、大切な場になります。当日や近くになって「忘れていた」ということが無いように、紙などにリストを作って準備を行っていきましょう。

法事 関連記事

一周忌

一周忌 画像

故人が亡くなった後に行う法要は、初七日(しょなぬか)、ニ七日(ふたなぬか)、三七日(みなぬか)というように、亡くなった日から数えて7日毎に100日までに法要を行います。一周忌をもっと読む

三回忌

三回忌 画像

故人が亡くなった法要で「三回忌」というのは、満2年目の命日に行われる追善供養です。三回忌なのに、2年目の供養?と不思議に思われる方も多いと思います。三回忌をもっと読む

49日法要

49日法要 画像

故人が亡くなってから、色々な供養が行われたり、お通夜やお葬式に参列してくれた方々へのお礼などを行っているうちに、1か月2か月はあっという間に過ぎてしまいます。故人の供養の中で、「49日法要」と呼ばれるものがあります。49日法要をもっと読む

お供えの花・供花のご注文 画像 お供えの花・供花のご注文 画像
RING BELL リンベルの法要・香典返しのカタログギフトご注文 画像